日本でのギャンブルの違法性

ギャンブルを趣味としている人の特徴
ギャンブルと言うと、まず、違法なもの、犯罪ではないか、という疑問が頭を過ります。ところが、一方で公営、つまり公認のものもあります。パチンコで借玉を景品に換え、別の場所で買取ってもらいますね。直接、パチンコ店舗のカウンターで現金に換えれば犯罪、景品を介すれば違法ではない、といった話も聞こえてきます。どういう行為が違法性をもっているか考えてみます。

そもそもギャンブルとは何でしょうか。それは、勝敗に財産上の利益を賭けることです。結果、得したか損したかになります。では、こうした行為をすると犯罪でしょうか。刑法で、ギャンブル(刑法では賭博と言っています)をすることや主催することの刑罰が規定されています。でも、全てが犯罪ではなく、一時の娯楽に係る物を賭けたときは、犯罪でないと規定されています。この解釈は、法律学者の考え方が各々違います。裁判ではその場限りものとは、例として店屋物やたばこといった物としています。金銭を賭けた場合は1円でも犯罪としています。

総じて言えば、公認されていれば違法性はなく犯罪ではないですし、それ以外の、いわゆる賭けごとは、金銭を賭ければ犯罪、そうでない場合はケース・バイ・ケースということでしょう。観て楽しむ、遊んで楽しむというのが本来ある姿と言うことなのかもしれませんね。

Copyright (C)2017ギャンブルを趣味としている人の特徴.All rights reserved.